性格は素直で器量好し。仕事に誇りを持った凛とした女性。
花魁となって色事に詳しくなった今も、幼い頃に離ればなれになった幼なじみへの淡い恋心を忘れずにいる純真な心も持ち合わせている。
急成長を遂げた廻船問屋の若き主。
常に穏やかな雰囲気を纏っており、誰に対しても優しく接する。
思ったことはストレートに伝える性格。
最近「桜華屋」に雇われた髪結い。
手先が器用で腕も良いので、遊女達から好かれているが、本人はあまり他人に興味がない。 無口で滅多に笑うことがない。
吉原に入り浸っている武士。
飄々としていて掴み所がなく軽薄な男で、「桜華屋」で見かける姿は常に泥酔状態。 また、いろんな遊女達にちょっかいをかけている。
情け容赦ない札差(金貸し)として有名な“桜華屋”の常連客。
出会った頃から何故か主人公のことが気に食わないようだが……。
老舗遊郭“桜華屋”の楼主。仕事柄、いろんな知識に通じている。
仕事や芸事に関しては厳しいが、陰では体調を気遣ってくれる優しい男性。
どこか寂しげな雰囲気を纏っている。
主人公の働く遊郭“桜華屋”の見世番で、遊女達の身の回りの世話をする。
花魁道中の際には、傘持ちも務める。
寡黙な性格。
千早の友人で、「桜華屋」では二番手の花魁。
おしゃべり好きで、明るく気さくな性格。
千早付きの禿。
年齢の割にしっかりしており、常に廓詞を崩さない。
看板花魁である千早を尊敬し、憧れている。